ハワイの不動産用語集

アアリイ('A'ALI'I)

アアリイ(‘A‘ALI‘I)はワードビレッジプロジェクトで第五弾となる地上42階、総戸数751戸の高級コンドミニアムです。『LIVE SMART』をコンセプトとして掲げ、これまでの高価格な路線とは一転、比較的コンパクトな住戸を多く備えることで、高級コンドミニアムでありながらもリーズナブルな価格帯を実現しました。Turn-key Packageという家具付きのパッケージを選択することができ、収納可能な最新ベッドやスマートデスク、AIスピーカーや冷蔵庫といった家具家電だけでなく、食器やタオルといった生活用品まで全てが揃った状態で引き渡しを受ける事ができるのが特長です。

'A'ALI'I (アアリイ) WARD VILLAGE

アジャスタブル・レート・モーゲージ(Adjustable Rate Mortgage)

いわゆる変動金利型の住宅ローンのこと。銀行によっては、最初は固定金利でもその後変動金利になったり、返済額が調整される場合もあります。

アエオ(AE'O)

アエオ(AE'O)は『WARD VILLAGE(ワードビレッジ)』の第二フェーズとして2017年に建設がスタートした地上41階、総戸数466戸の高級コンドミニアムです。米国で高い人気を誇る高級スーパー『ホールフーズ・マーケット』が商業フロアに併設され、活気溢れるワードビレッジの中心となります。

AE'O(アエオ)- WARD VILLAGE(ワードビレッジ)

エージェント(Agent)

不動産業者のこと。ハワイには約8千人の不動産エージェントがいますが、日本の宅建資格とは違いそれらエージェントは保有しているライセンスが全員同じというわけではありません。彼らの名刺にはライセンスの種類に準じた(RA)、(R/S)、(S)、(B)のいずれかの表示があり、彼らのライセンスの種類に準じています。
物件探しにおいてご自身の代理となって動いてくれる存在ですので、エージェントは慎重に選びましょう。

アラモアナ・センター(Ala Moana Center)

「アラモアナショッピングセンター」とも呼ばれる、アラモアナに存在するアメリカ最大のオープンエアのショッピングモール。

デパートや高級ブランドのブティック、スーパーマーケットや薬局などに加え、各国のレストランやフードコートにエンターテイメントも充実しています。 1959年の開業以来、地域住民だけでなく世界中の観光客からも高い人気を誇っており、近年ではこのアラモアナセンターを中心とした周辺エリアに高級コンドミニアムが続々と建設されています。

アラモアナセンター公式サイト

アメニティ(Amenity)

プールやフィットネスセンター、バーベキュー設備など、コンドミニアムやコミュニティでの共有施設のこと。

アナハ(ANAHA)

アナハ(ANAHA)は『WARD VILLAGE(ワードビレッジ)』の第一フェーズとして、ワイエアと同時に発表された地上38階、総戸数311戸の高級コンドミニアムです。WAIEAが『水』を表すのに対し、ANAHAは『光』をテーマにした独創的な設計がされています。高い生活利便性と豊富なアメニティ施設で、究極の快適さを追求するコンドミニアムです。

ANAHA(アナハ)- WARD VILLAGE(ワードビレッジ)

エーオーエーオー(AOAO (Association Of Apartment Owners))

アパートのオーナー組合のことで、コンドミニアムの場合はAOAOと管理会社が共同で建物全体の管理に携わります。

アプライアンス(Appliance)

元は設備・家電製品などという意味を持つ英単語。洗濯機や冷蔵庫など、日本でいう白物家電と呼ばれるものを指します。

アプレイザル(Appraisal)

不動産鑑定評価のことです。「評価する、鑑定する」という意味があり、骨董や美術の世界でも使用されます。

アセットバリュエーション(Assessed Valuation)

固定資産税を計算するための評価額のこと。

アセスメント(Assessment)

土地や建物などを州政府が評価し定める固定資産額の査定額のこと。

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP