ハワイの不動産用語集

アイアールエス(IRS)

アメリカの国税局。個人や企業から税金を徴収する業務を担当するアメリカの政府機関です。

アジャスタブル・レート・モーゲージ(Adjustable Rate Mortgage)

いわゆる変動金利型の住宅ローンのこと。銀行によっては、最初は固定金利でもその後変動金利になったり、返済額が調整される場合もあります。

アセスメント(Assessment)

土地や建物などを州政府が評価し定める固定資産額の査定額のこと。

アセットバリュエーション(Assessed Valuation)

固定資産税を計算するための評価額のこと。

アプライアンス(Appliance)

元は設備・家電製品などという意味を持つ英単語。洗濯機や冷蔵庫など、日本でいう白物家電と呼ばれるものを指します。

アプレイザル(Appraisal)

不動産鑑定評価のことです。「評価する、鑑定する」という意味があり、骨董や美術の世界でも使用されます。

アメニティ(Amenity)

プールやフィットネスセンター、バーベキュー設備など、コンドミニアムやコミュニティでの共有施設のこと。

アラモアナ・センター(Ala Moana Center)

「アラモアナショッピングセンター」とも呼ばれる、アラモアナに存在するアメリカ最大のオープンエアのショッピングモール。

デパートや高級ブランドのブティック、スーパーマーケットや薬局などに加え、各国のレストランやフードコートにエンターテイメントも充実しています。 1959年の開業以来、地域住民だけでなく世界中の観光客からも高い人気を誇っており、近年ではこのアラモアナセンターを中心とした周辺エリアに高級コンドミニアムが続々と建設されています。

アラモアナセンター公式サイト

アンファーニッシュ(Unfurnished)

家具の付いていない物件のこと。家具の付いている物件はファーニッシュド(Furnished)と呼ばれます。

イニシャルデポジット(Initial Deposit)

初回の手付金。契約をした際に最初にエスクローへと支払う契約金を指します。

ウェイバー(Waiver)

棄権・放棄などを意味する単語で、主にタイムシェアを運営してるリゾート会社などへの買取権放棄(Waver)を申請する場合に使われます。

エイチエーアールピーティーエー(HARPTA (Hawaii Real Property Tax Law))

売主がハワイ州の非居住者である場合には、売却金額のうち5%が源泉徴収されるという法律です。

契約の際にエスクローを通してハワイの税務署に送られますが、売主は物件を売却した翌年の確定申告をする際、売却益を計算して源泉徴収された額が払いすぎの場合は還付の手続きをすることができます。

エスクロー(Escrow)

取引の際に中立な第三者が間に立ち、取引の公正化を保証する制度。またはその機関のこと。ハワイでは不動産取引の際、州から認可を受けたエスクロー会社を利用することが義務付けられており、金銭のやり取りや権利関係の書類は売主買主が直接行わず、エスクローを必ず通すことになります。

エスクローオープン(Escrow Open)

売買契約が締結したら、買主と売主のサインが入った購入申込書、それに付属する書類と買主からの手付金をエスクローに届け、この売買手続きのアカウントをオープンします。これを「エスクロー オープン」といい、エスクローがオープンされるとエスクロー番号といわれる番号が割り当てられます。
エスクローがオープンすると通知書がそれぞれ、買主・買主のエージェント・売主・売主のエージェントに送られ、担当のエスクローオフィサーが名義変更(登記)までの手続きを進行していきます。

エフアイアールピーティーエー(FIRPTA (Foreign Investment in Real Property Tax Act))

 外国人不動産投資税法の略で、売主が外国人である場合には、売却金額のうち10%が源泉徴収されるという法律です。
契約の際にエスクローを通してアメリカの財務省に送られますが、HARPTAと同様に翌年の確定申告をする際に過払い分の還付の手続きをすることができます。

エムエルエス(MLS (Multiple Listing Service))

米国で運用されている不動産のデータベースシステムのこと。全ての不動産の売出情報、売買履歴、賃貸情報やマーケット市場などを閲覧することが可能であり、アメリカで不動産を売買する際はこのMLSを必ず使用することが義務付けられています。

日本にもREINSという指定流通機構が存在しますが、MLSでは現在から過去まで全ての売買履歴が記録されており、全てのエージェントは例外なく同じ条件で物件を探す事となります。

当サイトの物件検索ページもこのMLSとリンクしているため、ご自身で不動産情報を探す場合には是非ご利用下さい。

エーオーエーオー(AOAO (Association Of Apartment Owners))

アパートのオーナー組合のことで、コンドミニアムの場合はAOAOと管理会社が共同で建物全体の管理に携わります。

エージェント(Agent)

不動産業者のこと。ハワイには約8千人の不動産エージェントがいますが、日本の宅建資格とは違いそれらエージェントは保有しているライセンスが全員同じというわけではありません。彼らの名刺にはライセンスの種類に準じた(RA)、(R/S)、(S)、(B)のいずれかの表示があり、彼らのライセンスの種類に準じています。
物件探しにおいてご自身の代理となって動いてくれる存在ですので、エージェントは慎重に選びましょう。

オキュパントタイプ(Occupant Type)

コンドミニアムの物件に現在誰が住んでいるかを表記しています。
・Owner Occupant:オーナーが現在住んでいる
・Tenant:テナントが住んでいる

・Vacant:現在誰もその物件には住んでいない

 

オファー(Offer)

購入額を決め、購入の申込を入れることを”オファーを入れる”と言います。

オファーの際に条件を提示する事もできますが、売り手側がオファーを気に入らない場合は棄却されるか、売り手側からカウンターオファーが帰ってくることもあります。

オーシャンフロント(Oceanfront)

文字通り海の目の前を意味し、ビーチもしくはすぐ海の目の前に建てられている物件を「オーシャンフロント物件」などと呼びます。

立地や眺望が重視されるハワイ不動産において、オーシャンフロントは非常に高い価値を持つステータスとなります。

ホノルルでは「ゴールドコースト」と呼ばれるワイキキ東側のエリアにオーシャンフロントのコンドミニアムが多く、その立地の希少性から非常に高い価格がつけられています。

オープンハウス(Open House)

売り物件を一般公開することで、実際に物件の中に入り見学することができます。

いつオープンハウスされるかという情報はMLSに公開されますが、道路にオープンハウスの看板を置いている物件は一般の方でも見学が可能です。

日本のモデルルームとは違い、実際の生活の様子が伺えるため、購入をお考えの際は是非とも足を運ばれる事をお勧めします。

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP