ハワイの不動産用語集

ラナイ(Lanai)

日本で言うバルコニーやベランダにあたるもの。椅子やテーブルなどが置かれている場合が多くあります。

物件によっては屋外のラナイだったものにガラス戸や壁をつけ、室内の一部として改装しているものもあり、これを『エンクローズドラナイ』と言います。

 

また日本ではベランダに洗濯物を干すことが一般的ですが、ハワイではラナイに洗濯物を干すのはマナー違反とされています。

リアルエステートエージェント(Real Estate Agent)

不動産業者のこと。州よりライセンスを受けた会社のみが不動産エージェントとなれますが、必ずしも全てが善良な不動産エージェントとは限らないため、不動産売買の際はまず信頼できる業者を見つけることが第一のステップとなります。

リザーブ(Reserve)

不動産ではコンドミニアムなどで発生する積立金を『リザーブ』と呼びます。

これは物件によって必要な際に徴収する場合や、もともとの管理費に含まれている場合などがあります。

リースホールド(Leasehold)

借地権付き物件のこと。土地と建物を所有するFee Simpeに対し、Leaseholdの物件では月々の地代を土地のオーナーに支払う必要があります。

 

Leasehold物件を購入する場合、建物部分は所有権を得ますが、その建物に対して持ち分となっている土地を別のオーナーから借りているという形になります。

借地権には期限があるため、後何年その物件を所有出来るかなど事前に確認しておくことが重要です。

レントバック(Rent back)

売主が物件を売却したあと、家賃を払って新しいオーナーから物件を賃貸することをいいます。

例えば売主が物件の買い替えをする際に、次の物件の名義変更が完了するまで買主から賃貸するなどのケースがあり、売り物件の詳細にレントバックを売却条件として載せている場合もあります。

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP