• ハワイ不動産知識

日本人渡航者へのハワイ州事前検査プログラム導入について

ハワイ州は、ハワイ時間2020年10月15日(木)から開始が予定されているハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する事前検査プログラムの検査対象に、米国以外で初めて日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NAT)を承認しました。

 

 

 

ハワイ到着後の自己隔離を免除するためには、日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関にて、新型コロナウィルス感染症の検査を行い、ハワイ州指定の陰性証明書を発行してもらい、入国時に提示する必要があります。

現在、ハワイ州保健局は、日本の様々な医療機関と協議を重ねており、指定医療機関が確定し次第、日本向けの事前検査プログラムの開始を発表する予定です。

日本向けの事前検査プログラムが開始されるまでは、引き続きハワイ到着後に14日間の自己隔離が必要です。

ハワイ州は、日本政府と協力しながら事前検査プログラムの充実を図り、日本から旅行者がハワイへ渡航しやすい環境を整備していきます。

ハワイ州保健局が日本の指定医療機関名を公表した後、「ハワイ保健局COVID-19情報サイト」(https://hawaiicovid19.com/)及び、ハワイ州観光局公式ポータルサイト「allhawaii」内の「ハワイ州新型コロナウィルス情報サイト」に随時公開していきます。

指定医療機関の情報開示とともに、ハワイ州指定の陰性証明書サンプルも同サイト内に掲載する予定です。

【厚生労働省認可の核酸増幅検査】

核酸増幅検査(英:Nucleic and Amplification Test,NAT)は、ウィルス遺伝子を構成する核酸(DNAまたはRNA)の一部を増幅して検出する検査法であり、PCR検査も核酸増幅法のひとつです。

厚生労働省サイト:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11331.html

 

  • アメリカ不動産投資セミナー開催中
  • ハワイ不動産購入マニュアル 無料ダウンロード

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP