• ハワイ不動産知識

【最新】10月ハワイ不動産マーケット情報

2022年10月のホノルル不動産協会のデータから今後のハワイ不動産マーケットを読み解きます。

 

 

Oahu Monthly Statistical Report - October 2022

 

OAHU MARKET REPORT social media October 20222.jpg

 

前年度と比較し、戸建ての販売は41.7%減少しており、コンドミニアムが28.8%減少しました。

一方で戸建ての中央価格は105万ドルで5.0%上昇し、

コンドミニアムの中央価格は52万ドルと4.0%の上昇となっております。

物件が市場に出てからの成約日数の中央値は戸建とコンドミニアム共に前年比8-9日増加の19日となっております。

 

10月に販売された戸建てのうち50%の物件は提示価格かそれ以上の価格での成約となりましたが、

その他の50%の物件は提示価格を下回っての成約となっております。

 

 

OAHU MARKET REPORT social media October 20223.jpg

 

また、コンドミニアムのマーケットを見てみると

昨年は59%が提示価格かそれ以上の価格にて成約となっておりましたが、2022年は48%に留まっております。

成約となった戸建てのうち最も多かった価格帯は80万ドルから99万ドルとなり

全体の31.5%を占めていますが2021年10月の42.6%と比較し減少傾向にあります。

 

 

200万ドル以上の戸建ての成約は前年比63.3%減と大きく減少しており、ダイアモンドヘッドとエワ地域では、

成約件数が大幅に減少しそれぞれ、62%と53%減少しました。

コンドミニアムは79万ドル以下の物件の成約が

前年比34.4%減少しましたが80万ドル以上の成約は4.6%増加しました。

 

 

エワとメトロ地域は最も販売が落ちた地域でありそれぞれ

前年比50%と24%減少しました。10月に市場に新たに追加された物件が少なくなり、

戸建てが24.2% コンドミニアムは25.8%減少しました。昨年と比べてみると戸建て、

コンドミニアム共に月末までに契約に入ったまたは、成約となった新規物件は少なく、

戸建の在庫は増加し約80万ドルから99万ドルの価格帯の物件は22倍以上になり、

1年前と比較して153.2% 急上昇しました。すべての地域で、戸建て住宅の在庫が増加しましたが

特にエワ、リーワード、マカキロ、パールシティなどの地域では、物件在庫が昨年の2倍以上になりました。

 

 

上記と同様に、コンドミニアムの物件在庫はオアフ島のほとんどの地域で増加しましたが、

ダイアモンドヘッドとパールシティではそれぞれ 43%と26% 減少しました。

 

10万ドルから39万9999ドルの価格帯のコンドミニアムの在庫は22.6%減少しましたが、

50万ドルから69万9999ドルの価格帯では前年比73.4%増と最大の増加が見られました。

 

※出典:Honolulu Bord of REALTOR®

 

  • アメリカ不動産投資セミナー開催中
  • ハワイ不動産購入マニュアル 無料ダウンロード

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP