• ハワイ不動産知識

【最新】8月ハワイ不動産マーケット情報

2022年8月のホノルル不動産協会のデータから今後のハワイ不動産マーケットを読み解きます。

 

住宅ローンの金利上昇によりローンオフィサー達にはお休みを取れる日常が戻ってきておりますが

ハワイ不動産市場は継続して活発な状態と言えます。

円安為替の影響で売却に動かれる日本人の物件を

ローカル・本土のバイヤーが購入という契約パターンがタウン物件には増えてきております。

 

 

2022年7月のオアフ島の統計を共有させていただきます。

Oahu Monthly Statistical Report - August 2022 (hicentral.com)

 

 

8月は、戸建て住居は300件以上、コンドミニアムは500件以上の販売があり、

戸建ての月当たりの成約件数はコロナ渦前の年間平均に近く、

コンドミニアムでは平均を上回りました。

 

 

PIC②.jpg

 

 

 

販売価格の中央値はここ数ヶ月大きな変動はありませんでしたが、

8月の一戸建て販売価格の中央値は前年比7.2%増の1,125,500ドル、

コンドミニアム販売価格の中央値は0.3%の減少で498,500ドルとなっております。

 

 

PIC①.jpg

 

 

新しい売出物件数は戸建てで 17.2%、コンドミニアムで 15.7% 減少しましたが、

売出し物件の在庫はコロナ渦前の水準には及ばないものの、

戸建て物件で 43.3%、コンドミニアムで 12.9% 増加となりました。

 

昨年8月に戸建ては46%、コンドミニアムで48%であったのに対し、

今月末には新しい売出物件数の在庫の割合が61%と大きくなっており、

これも市場の冷え込みを示しています。

両市場とも、8月に売りに出された物件の中央値は13日間でした。

 

戸建て住宅販売の半数近く(48.7%)が

当初の希望価格を下回って成約したのに対し、1年前は22.8%でした。

また、8月末までに新規掲載物件の13%が値下げを実施したのに対し、

2021年8月は4%の値下げをしておりました。

 

月末の売出し物件の在庫のうち、戸建ての38%が掲載後いずれかの時点で値下げを行いましたが、

1年前の売出し物件の在庫は19%でした。

値下げが最も多かったのはEwa Plain地域の23%で、

次いでDiamond Head地域の12%、Metro地域の11%、Kailua地域の10%となっています。

 

コンドミニアム市場では、戸建て市場ほど値下げは多くありませんでしたが、

昨年8月の3%の値下げと比較すると、

月末までに新規掲載のコンドミニアムの物件は8%値下げしています。

また、売出し物件の在庫のうち、34%がいずれかの時点で値下げをしていますが、

2021年8月の売出し物件の在庫は21%でした。

 

オアフ島のほとんどの地域で戸建て住居の販売が落ちこみ、

特にKāne‘ohe地域では57.8%減、Ewa Plain地域では35.2%の減少となりました。

しかし、Central、Hawai‘i Kai、Makakilo地区などを含む、

わずかな地区では前年を上回る販売がありました。

 

コンドミニアム市場では、全ての価格帯と地域で販売が減少しました。

販売件数では、メトロ地区が前年比28.8%減と最も落ち込み、次いでKāne‘oheヘ地区が42.9%減、

Central地区が25%減、Ewa Plains fallingが16.9%減となりました。

 

 

 

※出所:Honolulu Bord of REALTOR®

 

 

 

 

 

  • アメリカ不動産投資セミナー開催中
  • ハワイ不動産購入マニュアル 無料ダウンロード

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP