• ハワイ不動産知識

【最新】7月ハワイ不動産マーケット情報

2022年7月のホノルル不動産協会のデータから今後のハワイ不動産マーケットを読み解きます。

2022年7月のオアフ島の統計を共有させていただきます。

Oahu Monthly Statistical Report - July 2022 (hicentral.com)

 

戸建て、コンドミニアム市場の成約件数はともに前年比で22.8%まで減少しました。

また、販売件数も前月から一戸建てが12.6%、コンドミニアムが17.3%減少しました。

 

PIC①.jpg

 

 

契約入りする物件数は、前年比で一戸建て31.4%、コンドミニアムが26.4%減少しました。

新しい売上物件数を昨年の7月と比較すると、戸建ての物件数は386件で前年比の17.7%減少し、

コンドミニアムは616件で昨年7月より7.2%減少となりました。

しかし、戸建ての売出し物件数は昨年より38.8%増え、

コンドミニアムの売出し物件数は8.4%増えました。

 

 

PIC②.jpg

 

 

戸建ての住宅販売件数はオアフ島のほとんどの地域で減少し、

中でもエヴァ、カネオヘ、リーワード地域の販売件数が大幅に減少しました。

コンドミニアムの市場では、メトロ地区の販売件数が大幅に減少し、

前年の389件から26.7%減少の285件となりました。

 

7月の戸建て住宅販売件数の49%が当初の希望価格より高く成約したのに対し、

昨年は70%、1ヶ月前は62%で成約となっていました。

戸建て住宅販売において、希望小売価格の全額またはそれ以上を獲得した割合は

66%と過半数を占めたものの、昨年同時期の79%と比較すると減少しています。

コンドミニアム販売のうち、当初の希望価格を上回って成約した割合は37%で、

前年の38%とほぼ同じでしたが、ここ数ヶ月と比較すると若干減少しています。

7月のコンドミニアム成約物件のうち、希望価格以上で販売されたものは60%で、

前年と前月を比較すると、ともに62%でした。

 

 

新築戸建ての多くの割合が、7月末時点でまだ市場に残っている状況にあります。

2021年7月は46%であったのに対して、先月は386件のうち、63%にあたる243件の

新規売出物件がまだ市場にある状況にあります。

同様に、コンドミニアム市場でも、7月末時点の市場にある物件は、

新規物件が占める割合の方が大きくなりました。

新規売出物件の616件のうち、353件の57%が市場にあり、

2021年7月末の49%と比較すると、その差は歴然です。

 

 

 

※出所:Honolulu Bord of REALTOR®

 

 

 

 

 

  • アメリカ不動産投資セミナー開催中
  • ハワイ不動産購入マニュアル 無料ダウンロード

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP