• ハワイ不動産知識

【最新】1月ハワイ不動産マーケット情報

2022年1月のホノルル不動産協会のデータから今後のハワイ不動産マーケットを読み解きます。

 

 

 

 

例年であればソニーオープンを含め、日本人観光客で溢れる時期ではありますが、

帰国後の隔離政策のため、日本からの渡航者は大変限られた1月であったと考えます。

反面、米国本土からの観光客は2019年と対比しても伸びている状態で

富裕層を含めた物件購入意欲にも大きく貢献していていると考えます。

 

https://members.hicentral.com/images/Documents/msr/MSR_2022-01JAN.pdf 

 

2022年1月のオアフ島の不動産市場は、売上において前年比で

戸建ては12.0%の上昇、コンドミニアムは40.8%の上昇で終えました。

 

 

CHARTS-Jan-2022.jpg

 

中間価格においては、戸建ては2021年8月に出た記録と同じ$1,050,000、

コンドミニアムでは2021年8月の$500,000の記録を更新する

前年比12.8%上昇の$510,000でした。

 

 

OAHU MARKET REPORT social media Jan 20222 (1).jpg

 

 

$900,000以上の価格帯が戸建て販売の大部分となる70%近くを占め

コンドミニアムにおいては$700,000以上の物件が前年比で3倍の販売となっております。

 

 

OAHU MARKET REPORT social media Jan 20223 (1).jpg

 

 

2021年1月では戸建て物件の61.0%が満額以上で前年比24.5%の上昇での成約となっており、

コンドミニアムにおいては39.0%(前年においては30.0%)が満額以上での成約となっています。

 

売出から買い付けまでに要した日数の中間を示すdays on the marketでは

戸建てでは12日、コンドミニアムでは14日でした。

 

戸建て物件のリスティングは前年と比べ12.3%の減少となっており、

コンドミニアムにおいては1.1%の上昇となっているものの

高い需要により以前として在庫薄の状態です。

 

 

 

※出所:Honolulu Bord of REALTOR®

 

 

 

 

 

  • アメリカ不動産投資セミナー開催中
  • ハワイ不動産購入マニュアル 無料ダウンロード

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP