• ハワイ不動産知識

【最新】12月ハワイ不動産マーケット情報

2020年12月のホノルル不動産協会のデータから今後のハワイ不動産マーケットを読み解きます。

サムネ.001.jpeg

2020年12月のホノルル不動産協会マーケットデータが発表されました。

オアフ島の2020年を締めくくる12月は前年同期比で成約件数において35.9%、売出物件数で15.3%の上昇で終えました。

12月の中間価格においても$870,000と前年比6.1%上がっております。

サムネ.002.jpeg

コンドミニアムにおいても前年同期比で成約件数20.1%、売出物件数で3.6%の上昇でした。

12月の中間価格においても$455,000と前年比6.9%上がっております。

2020年度のまとめ

2019年度を追い越す勢いでの2020年幕開けとなりました。

ですが、3月中旬にコロナがハワイにも発生した直後は急激な下降を経験した市場となってしまいます。外出禁止令、過去最高の失業率、健康への懸念などパンデミックにより不確かな事ばかりだった環境下で第2四半期のセールスは前年比で戸建てで17.3%、コンドミニアムでは38.1%減少していました。生活に必要不可欠な業種として考慮された不動産業では、営業活動は可能だった中でもオープンハウスや取引きにおいてコロナによる安全指標に合わせ新たなルール取り入れる必要に迫られました。

第3四半期のセールスでは戸建てで4%の上がり、コンドミニアムでは13.4%の下落します。30年固定の住宅ローンでは約1%下げた記録的な低金利となったのも2020年の特徴と言えるでしょう。年間での成約件数は2019年比で戸建てでは2.3%上昇し、ほぼ2019年の市場を取り戻して終えています。コンドミニアムでは13%減少という結果になりました。低金利による購買力の上昇と在庫不足により拍車がかかり、2020年度の戸建ての中間価格は$830,000と前年比5.2%、コンドミニアムでも$435,000と2.4%と上げて終えています。年間を通して在庫不足の市場でしたが、戸建てでは17.7%、コンドミニアムで14.4%、2019年より落ちました。

売出し価格以上で成約になった戸建て件数は第4四半期では前年比168.1%に達し、コンドミニアムでも93.2%上昇と複数のバイヤー間でせり売りのような状態が頻繁にありました。エリアに関するトレンドやベッドルーム数を重視したセールスはパンデミックの影響を受けていると言えます。エリアではカイルア、ノースショア、エバにおいて大きく上昇し、戸建ての在庫不足も手伝い4ベッドルーム以上のコンドミニアムの契約件数は前年比31.7%増えている結果もコロナを経験した年の特徴と言えます。こちらを踏まえて、今後の資産分散、形成にお役立ていただければ幸いです。

開発会社にもよりますが、ショールームでのバーチャル内覧も緊急事態宣言が出ない限り5名以下等の人数制限により、アポイント制で可能でございます。気になる物件や渡航開始前の情報収集など、ご希望や用途に合った物件のご提案や現地スタッフとテレビ電話をお繋ぎしてのオンラインによる内覧もご好評いただいております。こちらもご興味のある方はお気軽にお問い合わせください、執拗い営業はございませんのでご安心くださいませ。

※出所:Honolulu Bord of REALTOR®

  • アメリカ不動産投資セミナー開催中
  • ハワイ不動産購入マニュアル 無料ダウンロード

お電話でのご予約

0800-800-1051

10:00〜18:00
土日定休

無料資料請求

セミナー情報

PAGE
TOP